表題の意味は、
否応なしに変化は連続する中で生きているわけで
変化に逆らおうとも逆らえないわけで変化を素直に受け入れるべし
という意味です。

正気私自身上記に当てはまることは多々あります。

でも受け入れなければ前に進めないということも頭では解っています。

しかしながら、周囲の人でも
変化を受け入れようとしない話はよく目にし耳にします。

誰しもが時に逆らうことはできませんので、
変化にも逆らうことはできないと思うようになりました。

良い悪い関係なしにそうならざるを得ないことばかりです。

日々何かしら変化は必要なのです、

そして心のどこかで変化を求めているはずです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...