12年にわたるコンサルティング現場での実務で培った経験と幅広い人脈で御社の問題解決役となります!
Blog

新着情報

当事務所からのお知らせや、ホームページの更新情報などをご案内します。

『どんな会社でも改めるべきことがたくさんある』

昨年度良いご縁があって、 1年間で数社の人事関連のお仕事で会社を担当させていただきました。 12年間コンサルティング活動していますが、 どんな会社でもいろいろと諸問題が見受けられる、 改めるべきことがたくさんあるというこ …Continue reading «『どんな会社でも改めるべきことがたくさんある』»

『鉄は熱いうちにたたけ』

表題の意味は2つあります。 1つは柔軟な状態(経験や知識が浅くキャンバスが白い状態)若いうちにこれと思ったことにのめり込んでおくこと。 もう一つは自分も周りも熱く(やる気)な状態のうちに取り組まないと一気にさめてせっかく …Continue reading «『鉄は熱いうちにたたけ』»

『より良くするために』

表題の意味は変に拘っているよりも 身の回りをよく見ながら物事をより良くするためのことを考えるということ。 微力であっても自身だけでなく周りもより良くするために行動してみる、 それを実践し続けていると自然と好転してくるもの …Continue reading «『より良くするために』»

『新しいことに挑戦するために必要なこと』

表題の意味は、何事も新しいことに挑戦するときには それなりに大きなエネルギーや周囲の援助が必要であること。 今週は上記に当てはまる試みをスタートしました。 実は2年前から準備して考えていたことだったのに、 諸事情でとん挫 …Continue reading «『新しいことに挑戦するために必要なこと』»

『問いを立て続ける』

表題の意味は、 日々自分自身が何をすべきか 誰かのまた何かに必要で役立つ存在でい続けるために どうするべきか心に問いかけ続ける大切さを忘れないということ。 これは数年前にビジネススクールのセミナーに足しげく通っていた頃に …Continue reading «『問いを立て続ける』»

『多くは杞憂に過ぎない、それでも…』

表題の意味は、日々憂いていることの多くは あれこれ考えすぎても実際にありふたを開けてみても その多くは思った通りにはならないということ。 自分自身もついつい日々ああでもないこうでもないと 考えすぎてしまうことが多々ありま …Continue reading «『多くは杞憂に過ぎない、それでも…』»

『明日を乱すことは明日を見出すこと』

表題の意味は、往年のヒット曲からヒントをもらったことです。 もし自分の明日(未来)を見出したいのであれば、 まずは自分自身の状況を乱す必要があるではないのか。 今がどうであれ明日からでも乱してみるべきかと、 そういう変化 …Continue reading «『明日を乱すことは明日を見出すこと』»

『務めて淡々と対処せよ』

表題は先月に買った「菜根譚」という古典の書籍に書かれていた一節です。 有名なもので『人間万事塞翁が馬 』という故事成語がありますが、 意味はだいたい同じです。 あれこれいちいち気にしていては身が持たない、 冷静な判断が下 …Continue reading «『務めて淡々と対処せよ』»

『一握り』

表題の意味はいろんなことをやりたいとか欲しいと思っても、 結局『一握り』で精一杯であるということ。 例えばどんなに大きな砂場に行ったとしても、 手に掴める量はたったの一握りであり もうひと握り掴もうと思っても 今握ってい …Continue reading «『一握り』»

『人脈があってこその営業』

表題の意味は自分自身が独立起業してからしみじみ感じることです。 商品サービスの魅力、資格がある、スキルが高いまたは腕が良い、 評判が良い、人望がある等営業手段につながることはいろいろとありますが その根底に人脈があるかな …Continue reading «『人脈があってこその営業』» Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 名古屋の経営コンサルタント K office All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ