表題の意味は、何事も新しいことに挑戦するときには
それなりに大きなエネルギーや周囲の援助が必要であること。

今週は上記に当てはまる試みをスタートしました。

実は2年前から準備して考えていたことだったのに、
諸事情でとん挫していたわけです。

自分自身でやろうと思えど、
なかなか先に進まない状況が続いていました。

それでもあきらめきれずに今月初旬に会った
仲間に相談したところ急きょ試してみることになりました。

理由はお互いに利害や役割が合致したからです。

やはり、いろいろとあって条件がそろった上で
タイミングが合わないと実現しないことが多いのかもしれません。

また改善と失敗がつきものですので、
そのあたりも覚悟の上で臨まないといけません。

やらないよりもやってみることに価値があるはずです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...