表題の意味は2つあります。

1つは柔軟な状態(経験や知識が浅くキャンバスが白い状態)若いうちにこれと思ったことにのめり込んでおくこと。

もう一つは自分も周りも熱く(やる気)な状態のうちに取り組まないと一気にさめてせっかくのチャンスを逃してしまうということ。

10年以上前に大きな挫折を経験し、
士業として活躍していた大学OBの先輩に面と向かって言われた言葉でした。

自分自身時が経っていくにつれて、どうしても上記のどちらかになってしまうことを
肌で感じることが増えてきました。

日々状況が変わる中自ら選択をし続けていくわけですから、
どうにもならないこともあります。

それでも自分自身可能性は10年以上経った今もあり、
協力いただける方にもいて大変ありがたい限りです。

またそれなりに選択すべきこと、
今やるべきことともうやらないでも良いことの分別もわかってきました。

あの時に聞いた『鉄は熱いうちにたたけ』という言葉を思い出して奮起してみる。

教わったことはちゃんと生かしていかないといけません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...